前へ
次へ

中古マンションにかかる費用は物件価格だけではない

中古マンションは、新築と違って価格が安い物件が多く、希望のエリアからも探しやすいというメリットがあります。
中古マンションを選ぶときに一番注目する点が、購入するときの予算です。
購入して終わりということだけでなく、古いのでリフォームをしたり、家具など揃えていくと必要な費用がアップします。
同じ年収であっても、家族の人数や生活スタイルなどから購入予算は異なります。
今現在の貯蓄額や生活費だけでなく、今後発生する教育費なども考慮して返済計画を立てて行くことになります。
契約するときには、マンションの価格の10%程度の手付金と購入費用がかかります。
手付金は契約するときに現金で支払いますが、価格の一部として充てられます。
買主と売主との間で決めていき、相場よりも高くなる可能性もあります。
購入費用は、仲介手数料や登記費用、火災保険料などです。
購入してからは、毎月住宅ローンだけでなく、管理費や修繕積立金も発生します。
さらに、毎月かかる固定資産税や都市計画税などが発生します。

Page Top